タイヤの空気圧をこまめにチェック

エコドライブと言えば運転方法によって改善できるものですが、それ以外にも様々な方法によって改善することが可能です。最も簡単な方法にはタイヤの空気圧を高めにセットすることがあります。タイヤには空気が入っていますが、新車の購入時や新品のタイヤを購入した際には車種ごとに最適な空気圧に設定することになります。
空気圧は空気ですから温度によって膨張したり収縮したりするのが基本ですから、日頃から空気圧のチェックをして最適な状態を保つ必要があるのです。空気圧が低いとタイヤが潰れた状態となるため路面との間の抵抗が大きくなります。空気圧が高いと路面との抵抗が少なくなりますので転がり抵抗が少なくなり燃費が向上するのです。空気圧は気温によっても変わりますし、走行状態によってタイヤの内圧が変わるために変化してくるのです。ですから日頃から空気圧をチェックすることで燃費の向上が図れますのでエコドライブの基本となってくるのです。空気圧は車種によって異なりますが、タイヤの種類によっても異なりますので、安全に配慮する場合には指定空気圧の10パーセントを目安に高めることが大切です。偏平率が低くサイドウォールの強度が高いタイヤではさらに空気圧を高めることが可能ですが、タイヤの性能によって空気圧の許容範囲が異なるために注意も必要なのです。

コメントは受け付けていません。