加減速の少ない運転

運転が上手い人は加減速の少ない運転をします。
一方で運転が下手な人は急発進や急停車などを起こしてしまし、後続車へ迷惑をかけることが多々有ります。
このような違いはすべてアクセルワークによるものです。
車のアクセルは非常に繊細で、車種によっては若干のタイムラグがあります。
つまり、アクセルを踏んですぐに車が発進するわけではありません。
アクセルを踏んでしばらくすると徐々に加速していくのです。
そのことをよく分かってない人は、思いっきりアクセルを踏んで急発進をさせてしまうのです。
マニュアル車の場合は、発進時にクラッチを繋ぐときにアクセルを軽く吹かすため、このように急発進をしてしまうことは非常に希です。
また、これまでマニュアル車を運転してきた人はオートマチック車にも非常に早く順応し、とても滑らかな走行を実現します。
たいして下手な人はオートマチック限定免許の場合が多く、アクセルワークに慣れていない場合が多いのです。
そのような人はまず、アクセルを一定に踏む練習をするようにしましょう。
パーキングに入れた状態で、タコメーターが取り付けられている場合は2000回転程度に落ち着くようにアクセルを踏む練習をしてみましょう。
そうした練習をすることで、上手な走行を実現できるようになります。

コメントは受け付けていません。