早めのアクセルオフ

最近エコドライブという言葉をよく耳にします。
これは燃料の消費量を少なくできるように運転をしたり対策を行うといったことです。
地球温暖化といった環境問題に車の排気ガスなどが影響しているためです。
その方法はいろいろあります。例えば急発進、急停車をできるだけなくす、これだけでも燃料の消費量は変わってきます。
発進時はオートマチック車ならブレーキを離すとクリープ現象で車が動き出します、その力を利用してゆっくりスムーズにスタートし、車のスピードに応じてゆっくりアクセルをオンにしていきます。
停車時には停止位置を確認したら早めにアクセルオフにします。早めにエンジンブレーキを利用して停止位置で止めます。
エンジンブレーキがかかっているときは燃料がカットされているので、燃料をほとんど消費しません。
そのためにも車間距離を十分にとって、停止位置などが早めに判断ができるように運転をすることです。
またエアコンの使用をできるだけ控えるなど温度調整を行うことでも燃費を良くすることができます。
また駐車場などで停車時にはエンジンを切るなど無用なアイドリングをしないようにします。
このように一人一人がひとつでも取り組むことで燃料の消費量を減らすことができるのです。

コメントは受け付けていません。