アイドリングストップ

二酸化酸素排出量の削減など、エコについて語られることが多い昨今ですが、完全に車の利用をなくすことはできません。 一番いいのは、自家用車を使わずに公共交通機関や徒歩・自転車などを使うなどすることでしょう。

ですが、すべての人が自家用車を使わない生活を行うことが出来るわけではありません。 都市部では、公共交通機関が発達しており、ちょっと隣町までといったことが気軽に移動することができます。 しかしながら、地方ではそう簡単にはいきません。 電車もバスも1日に数本しかない状態ではそれに頼りきりの生活を送ることはできません。 赤字路線などでは本数がへってしまったり、ひどいときはその路線ごとなくなってしまうこともザラです。

その状況では自家用車は大変重要な足となります。 いくらエコのためとはいえ、一概に自家用車を使わない生活を送ることはできないでしょう。 それならばせめてアイドリングストップをしたり、ゆっくりアクセルを踏み込んでみたりとエコドライブを心掛けることが大事なことといえます。

ひとりひとりではエコとしてはとても微弱なものですが、皆がそれを意識すればとても大きなものに変わるでしょう。 塵も積もれば山となるではありませんが、少しでもエコについて考えていきたいものです。

コメントは受け付けていません。